ホーム > 院長先生のブログ

院長先生のブログ

腰痛 改善症例

腰痛専門の先生の施術で良くなりました

 

【どんな症状でお困りですか】

半年前から腰痛が続いて、

整形外科では椎間板の水分減少と言われました。

近くの整形外科でけん引とマッサージを受けていましたが、

一向に改善しませんでした。

 

数年前、主人がぎっくり腰でお世話になり、

即効で改善していたので来院しました。

 

1日置きに週3回のペースで施術に通いました。

2週間後には「どこも痛くないしなにやっても平気になりました」

ぎっくり腰や慢性腰痛専門の先生と評判だったので、通って良くなり良かったです。

 

【院長より一言】

ご主人が当院に通われ、良くなったのを知っているので

「私もきっと良くなるはず」と確信を持たれていた上、こちらのアドバイス通りに通われて、家での過ごし方の注意事項もしっかりと守られたので、早期に改善され本当に良かったですね。日頃の姿勢や椅子の座り方はとても重要ですので、油断せず過ごして下さい。

ぎっくり腰 改善症例

引っ越し作業腰を痛めた ぎっくり腰改善例

 

 

【どんな症状でお困りですか】

引っ越しの仕事中、痛めてしまった。

重い荷物を降ろした時に腰に「あっ」と刺激が走った。

仕事中は腰に痛みや違和感があったが、なんとか終えられた。

帰宅後、夜に腰当をしてストレッチをしたら立ち上がれなくなった。

夜も痛くて寝れない。

 

翌朝もとにかく痛くて、整体を受けに来る際、車の乗り降りも痛くて大変。

歩くのも腰を曲げながら柱伝えに歩くのがやっと。

朝起き上がるのがいちばん痛くてつらい。

 

 

【問診からわかった日常生活上での問題点】

大きいビーズの沈むクッションに座っている。

猫と一緒に寝ている。

シップや痛み止めを処方してもらって使用したが効かない。

 

【どのようによくなりましたか】

~初回~

立った状態で壁に捕まって頂き歪みをチェックすると、身体が大きく歪んでいます。

立ち座りが出来ないので、椅子に座ったままで施術を開始。

体中が痛みで強い緊張状態にありますので、まずここから解除していきます。

 

家での過ごし方と緊張の取り方を伝授して初回は終了。

 

~2日目~

歩いたり、立座りはまだ「いてっ」と言いながら大変なものの、

昨日施術を受けて「夜はぐっすり眠れた。」と喜んでいました。

 

しかしながら、朝の起き上がりはまだ痛みが強くて大変だったというので、座位と立位での施術を中心に行い、寝起き時に強い痛みが走らない程度まで改善し二日目を終了。

 

~3日目~

いちばん痛みが強くて苦しかった、朝の起き上がり。

昨日まで30分は最低布団から起き上がれなかったのが、じっとしていなくてもスムーズに起き上がれるまで改善してきた。

車の乗り降りの痛みの強さはMAX時の6割程度に下がった。

この日は引き続き痛めた筋肉を改善する施術と、朝起きたら痛みが出ないように予防するための体操を教えて終了。

 

~4日目~

車の乗り降り、歩行時の怖さが半減。

大きな痛みが1日2回程度までに減ってきた。

 

~5日目~

今まで痛くて寝返りが出来なかったが、寝返り打てるようになった。

車の乗り降りは「いてっ」とやはり痛みは出るが、当初の痛みも半分以下に減って順調。

 

しっかり5日間毎日施術を受けにきて身体の回復力が上がってきたので、「施術に来る間隔をあけてみましょうと。」院長の方から安心してご提案させていただきました。

 

~6回目~

ぎっくり腰になってはじめて3日空けてみましたが、前の週にしっかり施術を受けて、痛みの出ないようにこちらで教えた体操などを行っていたため、多少「うっ」と痛みはありそうでしたが、調子もよさそうでした。

 

~7回目~

前回も調子がよさそうだったため、1週間間を空けました。

痛みの範囲も右の腰だけになり、「仕事できる気がすると」仕事に行くといって終了。

 

~8回目~

出社後無事1日を過ごす事が出来、痛みも出なかったということで終了となりました。

 

【院長より一言】

ぎっくり腰になって来院され、1週間しっかり頑張って通い続けて施術を受け、家での過ごし方や日常生活の改善に真摯に向き合ったおかげで早期に改善できてよかったです。今後は2度と辛い思いをしないように、悪い生活習慣を正して過ごして行って下さい。

ぎっくり腰 改善症例

主人に見つけてもらって急性腰痛が良くなりました

【どんな症状でお困りですか】

右腰の強い痛み

2週間程前から右腰に痛みが出始めていて

今朝、起き上がろうとしたら激痛が走って

立ち上がれなくなってしまって動けなくなっている。

【来院のきっかけ】

あまりの痛がり様に見かねたご主人がHPで当院を見つけて

「ここなら良さそう」と思って電話予約し来院した。

 

【施術と経過】

痛みが強すぎて動くこともままならず検査も出来ない状態で来院されましたので

椅子に座ったままお話を伺い施術に入りました。

 

最初に激痛で硬直した全身の緊張を座ったままで緩和していきます。

座ったままで少し足が動かせるようになってきたら次に足、

腰まわりの動きが出るようにしていきます。

ここまでは私は全く患者さんに触れずにご自身で出来るように指導していきます。

 

立ち上がれる様になってきたら、大きく歪んだ身体の軸を正していきます。

初回はここまでですが大分動きが出るようになりまた。

 

翌日来院時は自力で立って歩けるまで回復していましたが

布団から起き上がるのはまだ強い痛みが手でいるとのことでしたので

寝返り、起き上がりが痛みなく出来るように施術し無事終了です。

家での過ごし方ややってはいけないことをしっかりとお伝えして終了です。

 

【院長より一言】

なぜこんなになってしまったのかご説明させて頂きご理解された様でしたので

これからは身体に負担がかかる姿勢等に気を付けて過ごして下さい。

ぎっくり腰 改善症例

痛くて朝起きれない

 

【ぎっくり腰はどのような状態でお困りでしたか】

ぎっくり腰になって朝いちベッドから起きれない。

昨日の夕方から腰に強い痛みが出て

今朝になって痛みが増していて全く動けない。

午後、何とか立ち上がれるようになったので来院した。

 

【来院のきっかけ】

HPで当院を見つけて「何とかしてくれそう」と思って電話した。

 

【来院時の状態】

車から降りて、ゆっ~くりとそろり、

そろりと歩くのが精いっぱいでした。

何とか椅子に座れましたがこれ以上は動きたくない。

 

【どうやって良くなりましたか】

座ってしまってからは殆ど動けない状態でしたので座ったままで施術を開始しました。

腰回りは痛みが強く触れられないので周りから順に緊張を取っていきます。

 

次に立ち上がれる様になったので大きく歪んだ骨盤の調整を行います。

次第に、椅子からの立ち座りが出来るようになり、

歩行もゆっくりながら痛そうなそぶりなく歩けるまで回復出来ました。

家に帰ってから過ごし方とやるべき事をしっかりと伝えて初回は終了です。

翌日、2回目の施術では寝返りも出来るようになました。

腰に力を入れる動きも出来るまで回復しました。

次の日から仕事に復帰するということで終了となりました。

 

【院長より一言】

布団から動けない程の状態からたった2回の施術で劇的に回復出来て良かったですね。

日頃の生活習慣によってこんな状態になっていると思われるので、

「入浴しない。靴下履かない」等の悪い習慣を改善していって

平和な日々を過ごせるようになって下さい。

ぎっくり腰 改善症例

腰が痛くて仕事に行けない状態が良くなりました

【どんな症状でお困りでしたか?】

午前中は腰の痛みで殆ど動けない。

夜寝ている間も痛みが出て困っている。

 

【来院のきっかけは?】

腰が痛すぎて休職しているが、

いつまでも休んでいられないので次週から復職したい。

整形に通って痛み止めを飲んだり、シップ貼ったりしているが、どんどん痛みが増している。

 

【検査で分かった事】

立位で観察すると左に身体が傾いている。

腰だけでなく腕周りも動きが悪いし、身体の回旋が殆どできない。

仰向けになってもらうと腰が痛すぎて足を伸ばして寝られない。

 

仰向けで膝の屈曲検査では90°程しか曲がりません。

本来は膝と胸がつく位が正常です。

うつ伏せ状態で腰の状態を触診すると右腰がカチンコチンに固まっています。

 

【どのように良くなっていきましたか】

仰向けは辛いとの事なので、うつ伏せ状態で固くなった腰の緊張をとっていきます。

まずカチンコチンに固まっていた右腰に弾力性が戻って来るようにします。

次に反対側の腰も確認するとかなり固くなっています。同様に弾力性が出てくるように施術していきます。

身体全体の緊張をとりながら左に傾いている状態を改善していきます。

仰向けになってもらうと、痛くて伸ばせなかった足が伸ばせるようになりました。

 

続けて腰背部、肩回り、腕周り、そして首回りの緊張と歪みを整えます。

最後まで抜けきらなかった上半身の緊張と自律神経系を整えたことで防御反応が消え、調整終了です。

3回目にはあんなに辛かった朝の痛みが引き、朝起き上がって動き回れる程に改善しました。

いよいよ明日から仕事に復帰できると言う事で施術終了となりました。

 

【院長より一言】

仕事復帰の日に間に合ってよかったですね。

痛みを引き起こしていた原因となる所作に気を付けて明日からも元気に現場で仕事に励んで下さい。

ぎっくり腰 改善症例

急な腰の痛み 同僚から「すぐにここに行け」

【どのような症状でお困りでしたか】

両腰の脇に強い痛みが出ていて動くと痛い。

来院のきっかけ    内装業者の同僚から

「とにかくここにすぐに行った方がいい」と言われて来た。

内装の仕事もできず困っている。

今日は痛みが強くて現場を休んで来たが、

明日は現場に行かないと仕事が止まったままになる。

 

【どのような施術で良くなりましたか】

身体の歪みと腰回りの筋肉の硬直状態を目視並びに触診で確認すると

右腰に塊が3か所あり、圧痛もあります。

横に向いて寝てもらい、腰の横の筋肉にも圧痛がでます。

この部分の強い緊張を施術により取っていきます。

 

初めて来られた方は

「そんなにそっとゆらゆらするだけで良くなるのですか?」

と質問してくる方が多くいます。

施術後、うつ伏せ状態で圧痛があった場所を押してみると

「何ともないです」と返事があります。

「同じ力で押しているのですか」と不思議がっています。

 

続いて横に向いてもらって、同様に両脇の圧痛のあった場所を施術します。

施術後、同じように強めに押してみても「何ともないです」と返事があります。

最後に上半身の緊張もあったので、自律神経を整えた結果、防御反応が消え、調整終了です。

 

一通り施術が終わり立ちあがってもらい可動域の検査をすると身体の歪みがくなり、片足立ちでもびくともしません。来院されてから30分後にはどこも痛みが無くなったので施術終了となりました。

 

【院長より一言】

痛くて仕事を休んでいたそうですが、動ける身体になって良かったですね。

明日からも元気に現場で仕事に励んで下さい。

ストレートネック 改善症例

首・腰が痛くて夜目が覚める 症状が改善しました

【どんな症状でお困りでしたか?】

首が痛くて回らない。

腰も痛くて足にシビレが出ている。

10日程前から首が強く痛くなって痛み止め飲んでいるが全然効かない。

夜寝ていても痛みが出て目が覚める状態です。

 

来院のきっかけは薬飲んでも痛みが引かず、毎日痛くてたまらなくなってHPで探してここにたどり着いた。

 

【どのような施術で良くなっていきましたか】

立っている状態をチェックすると左肩が下がっていて踏ん張りが利かない状態でした。

問診でわった事は、家の中ではこたつに入っていて座椅子に座っているとの事でした。

 

この姿勢は腰と首に物凄く負担がかかる姿勢です。

腰が丸くなった上に首が前に出てしまい頭の重みが首にきて

いよいよ限界を超えてしまったと思われます。

首は右にも左にも向くことが出来ず、下も上も向けない状態でした。

うつ伏せにはなれましたので、首から腰までの強い張りと緊張を取っていきます。

 

腰ともも裏、ふくらはぎにも圧痛がありましたので、

これらの緊張を取っていきます。

次に仰向けになって、ガチガチに固まっていた首周りの緊張を取っていきます。

 

3回目終了時には左右ともに45°位向けるようになりました。

 

2週間で延べ5回の施術が終わるころには「朝起きた時に首の痛みが出なくなった」と喜んでいます。

 

その後は週1ペースで施術を繰り返して、2か月目には腰も首もおまけに膝の痛みもなくなり無事ご卒業しなりました。

 

【院長より一言】

床にお尻を付けて座っているポーズは強く身体に負担がかかります。日頃の姿勢と過ごし方が大切ですので身に着けた正しい生活習慣を続けて行って下さい。

坐骨神経痛 改善症例

Q&A よくある質問

 

痛みを減らすために筋肉をつける運動をした方がいいのですか?

 

当院に膝痛や腰痛の症状を抱えた患者さんから

「整形外科や他の所で運動をしてもっと筋肉をつけなさいと言われた」

「膝や身体の痛みを取るのに運動をした方がいいのか。」

「動かないと筋肉が減るので不安で、運動した方がいいのはないか」

というご質問を受けることがあります。

 

人によっては運動をお勧めするケースはまれにありますが、

当院では筋肉をつけるための運動はおすすめしておりません。

 

運動をすることで痛みが出てしまう人にとっては、

痛い動きをすることは筋肉を傷めつけて、

身体の状態を悪化させてしまいます。

日常生活の中でも痛みの出ない動きを心掛けることが一番の回復の近道です。

 

患者さんは皆さん真面目な方が多いので、

「痛みを取るためのストレッチや体操があれば教えてほしい」

とおっしゃる方もたくさんいらっしゃいますが、

まず、第一に日常生活で身体を悪くしている習慣を見直し、

悪い習慣を辞めることが一番大事なことです。

 

次に、当院では身体の歪みを整える体操や

筋肉を柔らかくするストレッチや手法を教えています。

 

皆さんも早く痛みやつらい症状を和らげたければ、

痛い原因を引き起こす習慣を辞めることから始めていきましょう。

坐骨神経痛 改善症例

マッサージや電気治療で治らなかった症状が良くなりました

 

【どんな症状でお困りでしたか?】

腰と左もも横、左股関節に痛みが出て仕事に行けない位痛みが強い。

昨日から左足の甲から足首にかけてシビレ感が出てきた。

会談が一番痛くて前に屈むときも痛くて動くたびに痛む。

 

【来院のきっかけ】

これまで近くの治療院で電気をあててもらったり、

マッサージやシップを貼っていたが、

日に日に症状がどんどん進んで痛みが増してきて困っている。

内装の仕事もできず困っている。

 

【身体の状態】

立っている状態で身体の歪みがあり片足立すると踏ん張りが効かず右へグラつきます。

うつ伏せで腰の筋肉の固さを触診すると右腰に2か所の硬結と圧痛・左腰に3箇所の硬結と圧痛がでます。

 

【どのように良くなっていきましたか?】

施術により、うつ伏せでの腰の硬結部分を取り除きた上で検査すると圧痛がなくなっています。

あわせて身体の歪みを正していきます。

施術を受けている患者さんからは「そんなにソフトなやり方で良くなるのですか?」とよく聞かれます。

「そっと腰をゆらゆらしているだけですよね。これで身体が良くなるんですか」といつも質問されます。

「はい、これが身体に負担をかけずに防御反応もなく、効果があがるんですよ」と説明しています。

 

仰向け状態になってもらい、同様に腰回りの硬結と緊張を取り除き、身体の歪みも整えます。

最後に上半身の緊張もあったので、自律神経を整えた結果、防御反応が消え、調整終了です。

 

一通り施術が終わり立ちあがってもらい可動域の検査をすると身体の歪みがくなり、片足立ちでもびくともしません。

足踏みして平気。歩いてみても平気。前かがみしてみても平気。になったので施術終了となりました。

【院長より一言】

痛くて仕事を休んでいたそうですが、動ける身体になって良かったですね。

日頃どんなことに気を付けるべきか、しっかりと思い出して過ごして下さい。

ぎっくり腰 改善症例

体育の授業で痛めた身体の痛みが改善

 

【どんな症状でお困りですか?】

昨日の体育でダンスをやってから

腰が痛くなってしまって立ち座りも痛いし、歩くのも辛い。

階段の昇り下りが一番痛くて、日常生活が大変。

前に屈むときも痛くて動くたびに痛む。

 

【日常生活上での問題点】

待合の椅子に座っている姿勢を見ると背中を丸くして座っている。

入浴せずに毎日シャワーで済ませている。

立ってもらうと肩が内側に入って凄い猫背になっている。

 

【どのような施術でよくなりましたか】

座っている時の姿勢が前屈みで悪い状態

そのため身体の傾きと歪みが酷い。

立っている状態では猫背で肩が前に出ている。

仰向けに寝てもらうとまっすぐに足が伸びず右にカーブしている。

うつ伏せ状態でも同様に身体がカーブしてしまう。

 

施術は徹底的に身体の歪みを整えます。

骨盤の歪み、肩甲骨の歪み、首・頭の歪み、股関節の歪み、足の歪み・・・

それぞれ立っている状態、仰向けの状態、うつ伏せ状態での歪み、座っている状態での歪み。徹底的に整えて行きました。

施術中、お母さんは心配そうに見ています。

立って歩くのも痛いと言うし、しゃがめないし、顔も洗う時痛がるし・・・と。

 

さて、一通り施術が終わり立ってもらいました。

するとどうでしょう。

だらしなく曲がってたっていたからだがシャキッとしています。

 

足踏みして平気。歩いてみて平気。前かがみしてみても平気。

あまりの変化にお母さんは「あなたあんなに痛がっていたのに本当に平気なの」と問いかけます。

来院時は痛みで暗い顔と返事の琥珀ちゃん。痛くない!と喜んでいます。

施術後痛みが全く出なくなったので終了です。

 

【院長より一言】

琥珀ちゃんの痛みの原因は姿勢の悪さからくる身体の歪みですね。

体育のダンスで痛くなってしまったようですが、本当の原因は日常の姿勢が悪いために

たまたま体育の時に限界を超えてしまったものと思われます。

日頃の姿勢を意識して過ごす事が大切ですよ。